android向けアプリの開発環境

android向けのアプリケーションの開発は、比較的小規模なものが多く、少人数精鋭で開発を行う会社が多く見受けられます。少人数でできてしまうため、納期と仕様だけ決めて、推進と運営をすべて担当に丸投げしてしまう会社も多く、業務の効率化や、心的負担に対するケアがすべて個人の資質に依存してしまうことも少なくありません。そんな環境下で、見えないゴールに疲れ果てて転職をしたところ、次の会社も似たような状況だったなんて話は良くあります。給料等の待遇も当然大切ですが、転職先を見極める際に、どういった開発環境を提供しているかの確認をすると良いです。androidはバージョンがたくさんあるので、バージョン管理がしっかりしていない会社で業務を行うと、アプリケーション完成後の手間が非常にかかります。まず、どういったソフトウェアでバージョン管理をしているか確認すると良いです。また、前の会社でゴールの見えないデスマーチに辟易して転職するのであれば、短期間でゴールを設定しながら開発を積み重ねていくアジャイル開発を行っている会社かどうかを確認してみると、比較的手戻りも少なく済むうえ、小さな達成感を積み重ねながらアプリケーション開発ができます。どうしても忙しくなったときに外部または、社内の手の空いた人の協力を仰ぐことができるか?アプリケーション用のデザイン関連業務を行う人に負荷が集中していないかの確認も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です